30代

結婚できないアラサーの注意点、焦りは相手に見事に伝わります

アラサーになると周りはどんどん結婚してしまい、結婚できない自分にだんだん焦りを感じ始めてしまいます。
しかし焦りを感じると婚活をしていても余裕がなくなり、相手に必死さが伝わってしまい相手も引いてしまいます。
できるだけ余裕をもって、相手を探すようにしましょう。
アラサー婚活の注意点ですが、相手の条件を多くしすぎないことです。
相手の条件を多くしすぎると、なかなか相手を絞ることができず、結局うまくいかなくなってしまいます。
年収や職業など、自分がこれだけは譲れない条件を絞り込み、相手を探してみるといいでしょう。
アラサー婚活でありがちなのが、期間を決めないでだらだらと婚活をしてしまうことです。
期間を決めないとだんだんと疲れてきてしまい、テンションも下がってきてしまいます。
期間を決めて集中した方が、テンションもあがり相手をみつけやすいです。
婚活方法を間違っている人もいます。
自分にあったやり方でないと、時間も費用も無駄になってしまいます。
お見合いパーティーに参加する場合は、いかに短い時間で自分をアピールするかがポイントになるので、これだけは外さないという鉄板ネタを用意しておくといいでしょう。
鉄板ネタがあれば、短い時間で相手にアピールすることができます。
鉄板ネタがないという人は、最近の流行りの時事ネタなどを勉強しておくといいでしょう。

自分の趣味の婚活イベントに参加するのも効果的です。
自分の趣味のイベントならば、楽しく参加できるので、緊張することがなく自分のありのままの姿を見てもらえ結婚できない、なんて思う事がなくなるでしょう。

0

好きなタイプを明確にして無駄な時間を使わない事が近道となる

結婚相談所や婚活サイトへ登録すると、好きなタイプを聞かれることはごく普通のことです。そこでよく言う「好きになった人が好きなタイプ」などと、曖昧な考え方をするのはやめましょう。なぜなら、婚活のマッチングをするときに対象が多くなりすぎてしまうからです。また、最初にお相手の顔が見えないからこそ、好きなタイプを明確にすることは非常に大切です。
では、明確にするとはどういったことかというと、顔立ちよりも大きく分けて身長、年齢、体型、趣味、職業、収入と分けることができます。もちろん、どれか一つが希望にあてはまっていなくても他で補われるということは大いにあるので、重視する順位も大切です。

このように書くと人をカテゴライズしているようで良くない、と思うかもしれませんが、最初からお会いすることのできない婚活をする上では、大切なことであると同時に、お相手のパーソナリティからその人の性格を予想することもできます。例えば、営業職でアウトドアが趣味の30代、中肉中背の人を想像してみてください。男女問わず、社交的だということが想像でき、心配事としては友達が多ければ恋人との時間をどれくらい割いてくれそうか、という予測ができます。自分が今まで好きになった人やお付き合いしてうまくいった人、絞り込めないという人は消去法でもいいので好きなタイプを明確にしておくことで実際にお会いする人の中から気の合う人を見つけ出す確率がぐんと上がります。

結婚できないからと誰でもOKなんてしてしまったら結婚生活が破綻してしまいますからね。

0