好感度アップの習い事・趣味を知っておくことが近道となる

出会いを積み重ねても結ばれないことも多々あります。

婚活を成功させるためには、自分の魅力を上手くアピールしていく必要がありますが、インパクトのある魅力がないと感じている人の場合には、まずはそれを作らなければなりません。これは、就職活動で言うところの、資格取得と同じです。何か習い事を始めて、魅力的な能力を身につければ、婚活の時に役に立つものです。

なお、婚活で役に立つ習い事と言えば、料理です。ベタだと思うかもしれませんが、結婚をして生活をして行くことを考えた場合には、料理ができた方が良いに越したことはありません。恋人同士で、たまに会うような形で付き合って行くのであれば、おいしいお店やオシャレなお店を知っておくことが武器になりますが、生活するとなると料理は覚えておきたいところです。

婚活パーティーのプロフィールカードで、得意料理を書くことで、良いアピールができる場合もありますから、実際に料理の腕を見せなくても、好感度アップにつなげられるものです。見せたい場合には、携帯電話に保存してある画像やSNSでアップしている画像を見せると言う手が使えます。

なお、料理を覚えるために料理教室に通うのは、何も女性だけではありません。男性が通うと言うのも一つの手です。そして、料理教室は女性に人気があり、女性が多くいるため、婚活の場として機能することもあります。ただし、同じように婚活の意識で通っているとは限りませんから、いかにも結婚につながる出会いを求めてやってきた、と言ったスタイルで振る舞うと敬遠される恐れがありますので、注意が必要です。

もし一歩引いたスタイルで立ち振る舞って、出会いにつながらなかったとしても、料理の腕が身につくのは、その後の活動においてプラスになりますから、焦らず参加することが大切です。

さてここまでは自分を磨くことをお伝えしましたがよしんばであっていい関係になったとしても結婚にはハードルがあります。それはお互いの家族が認め合うかどうかです。そこで出てくるのが興信所というワードです。聞き慣れない方も多いと思いますが、結婚する相手の身辺を調べる機関のことです。相手が隠していること、出自や性格、ホントは違う仕事をしてるとか、宗教など事前に知っておく必要があるのではないでしょうか。興信所について勉強しておくと良いでしょう。

SNSでもご購読できます。